トイレ後始末(あとしまつ)あれこれ

日本人の多くは、世界中の人が日本と同じように、トイレット・ペーパーを使っていると思っているが、世界の総人口の3分の2がトイレット・ペーパーを使っていない。では用便後はどうしているのか? 世界の実状をのぞいてみると・・・。

まず一番シンプルなのが、指と水。インドやインドネシア、タイで多い。左の手の指で拭くので、タイの大学の卒業式では卒業証書を国王は両手で渡すのに、学生は右手一本で受け取るのが礼儀。次が、指と砂。サウジアラビアなどの砂漠地帯の砂は非常に細かいので、痛くないし、乾燥しているので尻についた砂もすぐ落ちる。

石というのも結構多い。エジプトなどでは適当な小石を拾ってポケットに入れて冷やしておく。いざというとき、拾ってすぐの小石では火傷をしてしまうからだ。

アメリカのコーン・ペルト地帯では、とうもろこしのヒゲを使う。葉っぱというのも捨てがたい。イチジクの葉は痔にもよいとされ、日本でも多く使われていた。

ロープを使うのは、中国(黄土地帯)とアフリカ諸国(サバンナ地帯)。中国式は崖の縁に穴を掘り、崖下で飼っている豚に糞尿が流れるようにしておく。流れてきた糞尿は豚の餌となり、豚は太ってゆく。そこには3本のロープがぶらさがっており、その1本につかまりながら用便を済ませるのだが、終わったら残っているロープで拭く。次の人が使用するときに困りそうだが、空気が乾燥していてすぐ乾くので心配ない。

一方のアフリカ式は川上と川下に旛を打ち、ロープを渡しておく。そのロープにつかまりながら川上のほうを向き、川の流れにのせて思いきり出した後は、川下に向かってロープにまたがりながら歩く。文字通りの水洗トイレである。ロープについた糞は魚がきれいに食べてくれる。その魚をとって人間がおいしくいただく。これこそ自然の食物連鎖!

木片、竹ベラもある。ネパールでは樹皮も使用している。インダス文明最大のモヘンジョダロの都市遺跡から発掘された三角形で角に丸みをつけた土製の板がある。最近まで、これは神様に捧げるビスケットの模造品と思われ、「クレイ・ケーキ」とおいしそうな名前で呼ばれていたが、実はこれで糞を拭くということがわかった。土でできているので石のように熱くならないのがミソ。

世界のトイレ情報
各国語での「トイレ はどこですか」という表現と各国のトイレの写真を紹介しています。

キャッシング
アクセスしてみたらキャッシングがいっぱい載っていてとても便利でした。すぐにキャッシングしたい人は一度確認しても損はないですよ。

— posted by ミケ at 12:40 am  

トイレのヘンな言い回し

千葉県の幕張メッセで、会場の案内をするコンパニオンに、客が尋ねた。

「ゴフはどこですか」

「はあ?」

この人、御不浄(ごふじょう)を略してゴフといったから通じない。そこで正しく、

「ゴフジョウどこですか?」

「ゴルフ場ですか? ゴルフ場はこちらには・・・」

そこで他のコンパニオンが助け船を出し、

「ああ、お手洗いのことでございますか、お手洗いは・・・」

便所、トイレの名称を、なるべく遠回しにいうという苦労は、今昔、洋の東西を問わない。外国に旅すると、習慣がわからないので苦労はもっと増える。クロレラ研究で知られる中村浩博士は、ある日、ドイツ人の若い男女と一緒にアウトバーンを走ったが、途中で小便がしたくなった。

ガソリンスタンドで用を足そうと思うが、スタンドもない。同乗の若い女性の手前、率直に「小便したい」ともいえないので、運転している青
年に遠回しにいった。

「ガソリンスタンドはまだか?」

運転手君は大きくうなずいて、

「ガソリンは十分あります」

ガックリ・・・やがて同乗の若い女性が、

「私、散歩がしたくなったわ」

高速道路で何が散歩だ・・・と中村博士、心中穏やかではない。が、これがトイレのサイン。アウトバーンでは、沿道の森陰に入って、用を足すのが当たり前だった。裸で生活している西アフリカのバングエ族も、

「トイレどこ?」

とはいわない。

「村長さんのお宅へ行く道はどこですか?」

これがトイレの場所を聞く言葉。

「私が追われたときの逃げ場所を教えてくれ」

ともいう。トイレに立つときは、

「罠を見回ってくる」

「薪を取りに走っていかなければならない」

ともいう。あるときバングエ族が、

「薪を取りに走っていかなければ・・・」

とエレガントに白人にいうと、

「薪は十分にある。行くことないよ」

そのバングエ族曰く、

「白人は野蛮だ」

トイレを遠回しにいうのは人類共通のエチケットなのかもしれない。

— posted by ミケ at 01:26 am  

世界のトイレの呼び名

世界各国、トイレの呼び方は実にさまざま。なるほどと唸らせるものから、へーっと驚くものまで、あるもんですねえイロイロと。まずは日本から。

古くは厠(かわや)が幅広く使われていたが(正しくは川屋)、樋殿(ひどの)、閑所(かんじよ、かんぜ)、隠所(いんじよ)、装物所(よそものどころ。更衣室の意味。トイレにいくと臭くなるので、貴人はそのたびに着物を着替えたことから)。

粋なものでは、高野山(こうやさん)。これは山に入って髪(紙)を落とすというシャレから。江戸時代以降は雪隠(せっちん)、手洗い、手水(ちょうず)、はばかり、御不浄(ごふじょう)、化粧室、トイレとなってきた。

トイレには鬼がいるという言い習わしがあり、鬼を退治したといわれる渡辺綱(つな)からか、渡辺とも呼ばれる。「渡辺はどこだ?」なんて探されても、全国の渡辺さんには迷惑なことかもしれない。

フランスでは、古くは、「穴あきいす」「排水いす」「エスカルゴ」、家具辞典をつくって有名なフランスのハーバードは「例の香りの家具」と呼んだとか。

イギリスやアメリカでは、「ぶらぶらする社交室」「詩人の座」「休憩室」。確かに腰掛け式のトイレで一人っきりになれば、ゆっくりと休めること請け合いだ。公衆トイレはなにやらスーパー・マーケットのように、「コンビニエンス」「室番ゼロ(ホテルなど)」というのもある。

ドイツは、「0号室」。ドイツのホテルではトイレに0と表示してある。イタリアは「みだしなみの部屋」「サービス」など。

あるわあるわ、世界中あわせたら一体いくつの呼び方があるかわからないくらい多い。どれもこれも隠語だったものだが、使い古されて隠語としての意味をなさなくなって、次から次へと新しい隠語が誕生した結果である。

— posted by ミケ at 11:12 pm