トイレ作法、未開の地

イギリスの人類学者コリン・ターンブルは東アフリカのイク族を調査したとき、トイレ作法に苦労した。イク族は集落の一定の場所を、青空トイレにしている。彼らは排泄中を見られても恥ずかしがることがないのだ。

ところがターンプルは、毎朝、イク族と一緒にズボンを下げるのは、イギリス人的慎みが許さない。そこで30分かけて岩山に登り、こっそりズボンを下ろした。すると、岩陰からイク族がひょっこり顔を出して、 「こんにちは」そしてゲラゲラと笑う。イク族には、こっそり隠れてウンコするイギリス人がおかしかったのだ。

タンザニアを調査した人類学者の和崎洋一氏も、トイレの習慣の違いに苦労した。和崎氏は10キロも離れた場所まで赴いて孤独な用事を済ませたそうだ。この場合は、持ち込んだオートバイを駆使して、孤独になれる場所を探した。10キロ離れたトイレは世界記録だろう。人類学者といえども、トイレ作法の違いには中々順応できないらしい。

ところで、森や林の中で、こっそり用を足す民族も多い。それを証言しているのが、女性1人で中央アフリカを旅行した桂ユキ氏である。彼女は、狩猟のために原住民と3日間旅をしたが、彼らの立ち小便さえ一度も見なかった。森の中でこっそり済ましていたのである。旅人の前で放尿する行為を不作法とする民族も多いらしい。

桂氏は、中央アフリカを旅行中に「ついぞ排泄物そのものを目にしたことがなかった」と感心していう。藪の中や木の下にコッソリ用を足すので、自然が処理してくれて、集落の周囲は極めて衛生的なのである。

同じことを人類学者の杉山幸丸氏も西アフリカの調査で証言している。杉山氏の滞在したボッソウ村の家にはトイレがない。村の人々は、森の中や畑に行く道の途中で用を足すので、村の中は極めて清潔だった。

文明社会といわれるほうが、トイレは無秩序で不作法になるらしい。杉山氏も森の中で用を足したが、自分のウンコの上に、枯れ葉や土をかけて隠した。村の人達が用を足したままで、見苦しいからだ。ところが、ウンコを隠してないほうが、早く昆虫の糞ころがしがやってきて処理してくれる。枯れ葉で隠すのは余計なことだった。

— posted by ミケ at 01:02 am